お問い合わせはコチラ

なぜサポート・レジスタンスはオーバーシュートするのか?

勝ち組の思考

この記事では、なぜサポート・レジスタンスはオーバーシュートするのか?という命題に対して、(素人)個人トレーダーと大口・機関投資家のエントリ方法、トレード方法の違いが要因になっていることを説明しています。

この記事を読むことで、(素人)個人トレーダーと大口・機関投資家はエントリの考え方に違いがあることが理解できます。個人トレーダーは、大口・機関投資家のエントリー、イグジットを常に意識する必要があります。

チャートを動かすことができるのは、大口・機関投資家のみです。個人トレーダーは彼らに流動性を提供しているだけです。流動性を提供するという意味は、大口・機関投資家のカウンターパートは個人トレーダーだということです。個人トレーダーのオーダーを集めるのが大口・機関投資家の仕事です。

大口・機関投資家は好きなところでエントリ・利食いできない

なぜサポート・レジスタンスはオーバーシュートするのか?という命題の答えでもあります。

①大口・機関投資家がエントリできる場所は?

①.アマチュアマネー(AM)は、A(前回のサポートからのバウンスを予想)またはB(Aでのバウンスを確認した後)のいずれかで購入するが、しばしばCでストップアウトし、その後、希望の方向(X)に価格が移動することになる。 )

一方、プロフェッショナルマネー(PM)は、Dをストップロスとして、ターゲットXとしてCで買う行動をとる。

理論的根拠

Cの網掛け領域には売り注文の膨大なプールが存在する(AまたはBで購入したAMからのSLとCでのダウンサイドブレークアウトを予想しているAMのセルストップ注文)。 PMは流動性のためにこれらの売り注文を使用してCで大量に購入し、その後は価格を上昇させる。

あなたの買い注文を満たすために価格がCに到達しなくても、失った取引機会は実際にトレードした時の損失よりも優れていると考えます。

価格がAまたはBで上昇し始めることもあります。これは、AMのバイリミット注文(上記を参照)と、Zで売ったトレーダーがA(直前のサポート)でバウンスする前に利益を取る(利益確定:買戻し)ことが原因です。

②大口・機関投資家が利食える場所は?

②. アマチュアマネー(AM)は、Yでブレークアウト時に買いでエントリし、騙されます。 プロフェッショナルマネー(PM)はXで買い、Yで売り抜ける。

理論的根拠

前の例を反映して、PMはYの陰影領域に存在する買い注文流動性を利用して買いポジションを売却しようとしています。

Zで売っているAMは、取引が完全な損失になる前に退出したいと考えます。その結果、Zで売っているAMは退出(買い注文)され、さらにYに向かって価格が上昇することになります。

PMはYで買いポジションを解消(売り)することになるので価格はYからXへ下落する可能性があります。

マーケット・メーカ(MM:spreading and commisisonsから資金を調達する非投機的参加者)は、最大の流動性が存在するところで最大限利益を得るため、流動性を取り戻し、価格を流動性の高いプール(影のある領域)に向かってより自由に移動させる。

ブックマップチャートは、流動性プールを強調表示するために使用できます。

Cで購入する(そしてYで売る)ことは、PMに極端な/最善の価格に近づく機会を与え、潜在的に高いRR取引につながる可能性があります。

AMが提供する流動性プールはマグネットのようにプライスを引き付ける

なぜ、サポートレジスタンスは転換するの?

③トラップトレーダーのやれやれ決済

③.アマチュアマネー(AM)はPで反転狙い(ダブルボトム)で買う、また、AMはQの下降ブレークアウトで売る.

プロフェッショナルマネー(PM)は、Tまたはそれを上回るターゲットで利食いをする予定でSで売りポジションを持つ。

理論的根拠

Pで買ったAMは、罠にはまる。しかし、価格が下落したストレスに耐えたAMは戻ってきたところでBEで取引を終了(売り注文)して、価格を下げる力となる。PMは、AMのこの行動を知っているので、Sで売ることにする。このパターンは一般に「フリップオーバー」または「ターンコート」SRとして知られています。ミラーイメージも適用されます(事前のレジスタンスはサポートになります)。

騙された(捕まっている)トレーダーが流動性を提供する

まとめ

これらのシナリオは必ずしも出てくるわけではありません 。なぜなら、マーケットには、互いに競合するドライバーが混在しているためです。これらの知識は精通したトレーダーが「エッジ」を獲得するための出発点を与えるにすぎません。

たとえば、例1と3は互いに矛盾します。すなわち、価格を上げるためにCにPMがいない場合、Cは例③ではSと同じです。つまり、価格は例1の(S)から落ちる可能性があります。 PMはCで買い、(S)で売ることによって、BE(Break Even:同値撤退)か、あるいは小さな利益を得ます。

キーは考えること

AMはどこでエントリして、ストップロスを置き、利益を得るのか?これらはどのような種類の注文か?これらは潜在的にPMが利用するための流動性プールとMMをターゲットとし、精通したトレーダーがPMのようにトレードすることを可能にする。

タイトルとURLをコピーしました