【厳選】プロトレーダーに人気 国内FX業者のリスト【最強・優良】

8月 1, 2018FX業者

国内にいる勝ち組のトレーダーが使っているFX業者はほぼ決まっています。勝ち組のトレーダーはロットが大きくなりますので、大きなロットでも約定拒否やリクォートが発生しない業者を選びます。

プロトレーダー達が好んで使う本物のFX業者とはどこなのか?

あまり表に出てこない情報をまとめてみました。

ロットの大きいプロ向けのFX業者

おススメ:GMO クリック証券

MT4を使ってない人は、ほぼ全員GMOクリック証券を使っています。MT4を使ってる人もトレードだけはGMOクリック証券を使ってる人が多いです。

それほどの人気の理由は、

  • トレードツールが使いやすい
  • レートの不正操作がなくロットが大きくなっても滑りも殆どない
  • 指標などがあってもきちんと約定する

というのがポイントで、安心してトレードできるのが特徴です。

GMOクリック証券

おススメ:IG証券

あまり知られていませんが、国内業者のなかでIG証券はかなりおススメです。

GMOクリックと同様で、トレードで一番大事な部分(大きいロットでの約定力、ノースリッページ)がとても安定しています。

  • レートの不正操作がなくロットが大きくなっても滑りも殆どない
  • 指標などがあってもきちんと約定する

トレードツールが他とちょっと違うので、トレードツールに慣れる必要はありますが、IG証券の実力は相当高いです。

IG証券公式サイト

おススメ:外為オンライン

広告が控えめな老舗FX業者、外為オンラインは実は知る人ぞ知るおすすめ優良FX業者です。

外為オンラインは大きなロットでトレードしても約定拒否やスリッページが全くありません。知り合いのプロトレーダーは全員、口座開設して他の業者と併用しているのは秘密です。

ロットが大きいスイングトレーダーが外為オンライン好んで使っています。

外為オンライン公式サイト

おススメ:外為ファイネスト

実は、MT4でトレードするなら外為ファイネスト一択です。他にもMT4が使える国内業者はありますが、GMOクリック証券やIG証券と同じレベルのトレードをするなら、外為ファイネストしかありません。

大きなロットでトレードしているプロトレーダーのユーザーが多いのが外為ファイネストです。

外為ファイネストの良いところ

  • MT4対応
  • スプレッドが狭い
  • カリネックスブリッジでインターバンクと直結し、確かな約定力

外為ファイネスト公式サイト

ロット小さめの初心者向け

OANDA JAPAN

取り扱いのペアがダントツに多いのとMT4に対応しているのが特徴のOANDA Japanですが、外為ファイネストが出てきてから、MT4でトレードできる『まともなFX業者』という優位性がなくなってしまいました。

OANDA Japanは、外為ドットコムと同様に自社の顧客のポジション情報を公開しており、twitterなどでもくそポジチェッカーとして話題に上りますが、指標前後などスプレッドが広くなることが多いので、プロは好んで使わない印象があります。

OANDA Japanの最大の強みは、TradingViewと提携していることです。

OANDA Japan公式サイト

外為ドットコム

よく、プロでも使ってる人を見かけますが、指標の時にサーバー落ちする業者であり、大きなロットでトレードすることはできません。いろんな情報が見れるので口座を作るのはいいですが、メインの取引業者として使うのは危ないです。

外為ドットコム公式サイト

SBI FXTRADE

SBI FXTRADEも一時期、使ってる人をよく見かけましたが、最近ではログインできないとか重たいとかいろいろ問題があって、大きなロットでトレードしている人は使わなくなりました。

証拠金1円からトレードできるので初心者向けの良い業者ではあります。

SBI FXTRADE公式サイト

まとめ

トレードをまじめにやって証拠金を増やしていくと、必ず取引ロット数の壁に当たります。つまり、成功しようと思えば、大きなロットでも約定拒否がないFX業者をまじめに選定しないとまともな取引ができなくなります。

ロットが小さいうちは勝てていたのに、ロットを大きくしたら、約定拒否やリクォートの嵐でまともにトレードできないという状況は結構普通に発生します。

ですから、将来的に安定したトレード環境を構築したいのであれば、GMOクリックやIG証券、外為オンラインなど、ロットが大きくなってもトレードに支障が出ないFX業者を使うべきです。

初心者のころは、ロットが小さいので、正直どのFX業者でも違いはありません。まず勝てるようになりましょう。