トレードでポジションの分割手仕舞い(スケールアウト)手順・方法

7月 2, 2018リスク管理ピラミッディング, ポジションサイジング

多くのトレーダーは一度に全体のポジションを閉じる。しかし、スケールアウトするとトレーダーには明らかな利点がいくつかある事をご存知だろうか。

この記事では、スケールアウトの利点と、トレーダーがそれらを有益に使用する方法について説明します。

前回の記事では、ポジションのスケーリングのトピックを調査しました。

ポジション全体のサイズと、ポジションを「追加」するタイミングの選択は、トレーダのリスク管理にとって非常に貴重なツールとなります。それはトレーダーが考える方向に動くにつれてポジションサイズを膨らませる機会を与えるからです。

スケールアウトは、トレーダーが取引をコントロールする方法の一つです。トレーダーは、取引がより有利に進むにつれてポジションの一部を取り除くことを考えます。

この記事では、トレーダがどのようにポジションを減らし、どのようにこの種のトレードマネジメントを利用するのかについて説明します。

なぜスケールアウトする必要があるのか?

トレーダーがポジションをスケールアウトする主な理由は欲求(greed)です。

率直に言って、トレンドがどれくらい続くか、または単一のポジションからいくらpipsが得られるかはわかりません。スケールアウトすることで、トレーダーは市場を観察し、マーケットが有利に動くようにポジションの一部を取り除くことができます。トレーダーは、通常、初期リスクを取り除くためにスケールアウト手法を使用するときに損益分岐点(ブレークイーブンポイント)を利用することも検討します。

たとえば、トレーダーがNFP(Non-Farm Payrolls)より先に取引を開始しており、50pipsのリスクでポジションに入ることを検討しているとします。

彼らはトレードの報酬(リワード)側で最低50pipsを必要としている。

彼らが1対1のリスクリワード比率を使用することを決定した場合、トレーダーは起こりうる2つの結果のうちの1つを得ることになる。それは50pipsのSTOPになるか50pipsの利益である。

しかし、同じ状況を、そのポジションからスケールアウトしたいトレーダーの立場から見たらどうだろう。マーケットが50pips期待した方向に動くと、ポジションの1/4の「スケールアウト」して、彼らのストップをブレーク・イーブンに動かすことができます。最悪のシナリオでは、価格が逆転してたとしても 彼らは取引の残りの4分の3から利益は得られないが、損失もない。

もし、ブレークイーブンにストップを移動した後で、市場が期待した方向に進む場合はどうなるだろうか?

トレーダーは、価格が引き続き好調に推移しているため、ポジションの一部分を閉じることができるため、トレーダーはスケールアウトアプローチを使用してトレードを進めることができます。

EURUSDが100pipsを上回った場合、トレーダはポジションのもう1つの部分を閉じることを選ぶことができ、追加の利益を確保するために損益分岐点を更に調整することさえ可能です。価格が更に50pips動くと、ポジションのもう1/4の部分を更にスケールアウトすることができます。

下の写真では以下のことを説明しています。

スケールアウトにより、追加のリターンが可能となり、ストップが調整されてもリスクはありません

 

このタイプのトレード管理の主な利点は、EURUSDが大きな動きに乗り出す場合、トレーダーは50pipsの利益で全てを決済した場合よりも、この大きな動きに乗っていける可能性があるということです。

いつスケールアウトするべきか?

スケールアウトは、トレンドおよび/またはブレークアウト市場の状況に最も適しています。

レンジでは、サポートとレジスタンスが定義されます。もし価格がレジスタンス(ロングポジションの場合)やサポート(ショートポジションの場合)をテストするならば、トレーダーはロットのどの部分の利益確定を早めるべきだろうか?

トレンド、またはブレークアウトマーケットでは、価格は一方向への偏りを伴って動いています。これは、一方的な方向へ速い価格の移動、逆の方向への逆転の可能性が高いほど、ボラティリティは増加する。これらの逆転により利益は簡単になくなる。これはトレーリングストップがこれらのトレードマネジメント戦略を使用するトレーダーにとって有益なツールになる理由の1つとなる。

市場がトレーダーの思う方向に動くにつれて、彼らは最初に期待していたより多くの利益を掴む方法を取ることによって、ポジションの一部を閉じることができる。

https://www.dailyfx.com/forex-education/expert/forex-articles/2012/12/31/How_to_Scale_Out_js.html

まとめ

スケールアウトとは部分利食いと呼ばれる手法と同じです。

今回の例をもう少し詳しく見てみましょう。

①50pipsの利益が乗ったら、1/4のポジションをcloseし、3/4は建値にストップを置きます。建値ストップまでのマージンは50pipsです。利益は50pips/4=12.5pipsです。

②次に100pipsの利益が乗ったら、更に1/4をcloseする。この時点の利益は先ほどの100pips/4=25pipsで、1/2の残りのポジションは建値+50pipsにストップを移動する。

③次に150pipsの利益が乗ったら、更に1/4をcloseする。この時点の利益は150pips/4=37.5pipsで、1/4の残りのポジションは建値+100pipsにストップを移動する。

④次に200pipsの利益が乗ったら、更に1/4をcloseする。この時点の利益は200pips/4=50pipsです。

①~④の合計の利益は、(50pips+100pips+150pips+200pips)/4 = 125pipsとなります。スケールアウトしない場合は200pipsの利益ですから、スケールアウトすることで利益は減りますが、部分的に利益を確定しながら、リスクを無くすことができます。

①で建値ストップに移動した時点でリスクフリーになっていることに注目してください。