VPSでMT4の速度を最適化する

11月 11, 2018MT4VPS

この記事では、MT4を用いる自動売買システムをVPS上に構築する上で重要となるMT4の最適化について説明しています。MT4の最適化を行うことで、他のトレーダーより先に注文できるようになります。

その結果、他のトレーダーに先んじれば価格の滑りを避けることができ、自動取引システムのパフォーマンスが向上する可能性もあります。

どうすれば他のトレーダーよりも先に注文できるかどうか?

他のトレーダーよりも先に注文するためには、MT4ブローカーのサーバーに対して、VPSサーバーがどこに位置しているかが大事です。

また、VPSの処理速度に起因する待ち時間が発生しないことも重要です。低速または過負荷のVPSでは、実行中のソフトウェアのレイテンシが長くなります。サーバーを構築してセットアップするときは、レイテンシを優先することを念頭に置きます。

特に複数のMT4を実行している場合や速度が優先されている場合は、VPSの効率を最大限に高めるためにMT4ソフトウェアで対応が必要になります。

私たちのテストでは、以下の手順でMT4を最適化した後、リソースの使用量を25〜50%削減できました。

VPS向けのMT4最適化手順

VPS向けのMT4最適化手順について説明していきます。

ステップ1:不要なチャート、インジケーターを表示しない

MT4をインストールすると、ほとんどのブローカーにはいくつかのチャートがロードされ、いくつかのインジケーターがロードされた状態でセットアップされます。これらのチャートをすべて閉じ、実行しているEAのチャートだけを作成することをお勧めします。あなたは、[ファイル]メニューの選択により、新しいチャートを開くことができます。

1つのEAを実行している場合は、そのEAを実行しているチャートから全てのインジケータを削除すべきです。右クリックして、表示中のインジケーターを選択して、削除したいインジケータをクリックします。あなたはいつも、監視、バックテストなどのためにMT4の別のインスタンスを実行することができます。

ステップ2:ストリーミングデータフィードを減らす

デフォルトでは、MT4は、それらを使用していなくても、すべてのデフォルト通貨記号のデータを送ります。これは、CPU使用率に大きな影響を与え、帯域幅への影響はわずかです。使用していないデータは必要がないため、使用していないストリーミングデータをオフにすることをお勧めします。これを行うには、まず、必要なチャートがすでに開いていることを確認してから、次の操作を行います。

最初にMarket Watchパネルを開く必要があります(開いていない場合)。 [表示]メニューをクリックし、[マーケットウォッチ]を選択します。

これで、データをストリーミングしているすべてのシンボルがMT4に表示されます。

次に、いずれかの通貨記号を右クリックし、「すべてを隠す」を選択します。

チャートを表示していない通貨記号はすべてオフになりました。既に開いているグラフのデータは、ストリーミングを継続し、オフにはなりません。

新しい通貨ペアでのセットアップ新しいチャートをご希望の場合あなたはいつも戻って『すべて表示する』をクリックすることができます。(表示した後に、再びすべて隠すことができます。)

ステップ3:ニュースフィードを無効にする

[ ツール]メニューを選択し、MT4の[ オプション]ボタンを選択します。クリックして[サーバー]タブそれが言うニュースを有効にして 外しますボックスをオンにします。完了したらOKを押します。

ステップ4:MT4がメモリに保存するデータの量を減らす

Optionsボックス(Tools> Optionsを選択)で、Chartsタブを選択し、Max Bars選択を5000(5分のデータの17日間)に減らします。完了したら [ OK]をクリックします。

ステップ5:サウンド通知を無効にする

再び[ツール]メニューで、[オプション]ボタンを選択、Eventsタブの通知を[有効にする ]ボタンをOFFにします。

サイド・ノートとして、オプション・ボックスでEA取引の設定を確認する必要があります。EAを実行する予定の場合、これは[ Expert Advisors]タブで行います。

 
上記のオプションが選択されていることを確認します。

ステップ6: 一般的なアドバイス

営業時間内に電子メールクライアントなどの不要なソフトウェアを実行しないでください。 

営業時間内にバックテストや最適化を行わないでください。