お問い合わせフォームからメールが送れるように修正しました

仮想通貨は儲からない!次にくる投資トレンドは何か?

自動売買(EA)

ビットコインを含む仮想通貨の大幅下落、ハッキング盗難騒ぎによる仮想通貨業者の新規受付停止などを受けて仮想通貨に対する投資熱もだいぶ下がってきた感じがします。

投資の世界のセミナー屋や商材屋は、甘い汁を吸いたい素人をカモにしてお金を巻き上げます。仮想通貨の次のハメ込み案件は何か?についてセミナー屋や商材屋の広告を見て感じたことを書いてみたいと思います。

仮想通貨のブームもひと段落か?

なぜ、仮想通貨がそれほどアツかったのかといえば、買えば誰でも儲かったからです。

昔は仮想通貨をガチホで誰でも儲かった

なぜ誰でも儲かったのでしょうか?

単純に右肩上がりのトレンドを示していたからです。

現物取引でレバレッジ1倍ですから、含み損になってもガチホしていればよかったのです。

仮想通貨は持ち合い相場に突入

今は単純に右肩上がりの上昇トレンドとは言えませんから買いだけではトレードできない状況です。

現物取引では仮想通貨の空売りはできません。もし売りから入りたければ仮想通貨FXじゃないとトレードできないわけです。

じゃぁ仮想通貨FXの口座開設の口座開設して、ハイレバレッジで短期売買を繰り返そうという流れに必然的になるわけで、仮想通貨FX業者というのも上昇トレンド終了かな?というぐらいから結構出始めました。

それと同時に、じゃぁ仮想通貨FXの口座開設でアフィリエイトで儲けようという人達がネットにはたくさんいて一儲けした人は多かったわけです。

ところが、仮想通貨FXの難しさは為替のFXと同じです。レバレッジ取引で短期売買をしても素人はすぐに退場になります。特にボラティリティの大きさが仮想通貨の魅力だとすればなおさらハイレバレッジの短期売買は難しいはずです。

仮想通貨でもFXでもトレンド終了時の持ち合いでほぼ全員退場する
今まで仮想通貨関係のtwitterとかあまり見てませんでした。最近仮想通貨関連アカウントの方々をフォローしはじめて思うことは、テクニカルがどうだから上がりやすいとか、下がるとか言っててなんじゃこれ??...

仮想通貨=儲かるという図式が一般ピーポーの中で崩れてきたなかで、仮想通貨のハッキング騒ぎなどもあり、一般人の仮想通貨への投資熱も目に見えて下がってきた感じがします。

仮想通貨は次の材料待ちか?

正直、仮想通貨FXだったら為替のFXでもいいわけです。仮想通貨は税金も高いのであえて仮想通貨FXをやる理由もありません。

仮想通貨ガチホ勢は、将来的に仮想通貨はまだまだ上昇する余地はあると考えていると思いますが、それがいつなのかは誰もわからない、そろそろではないか?とおもうともう一段下げてしまうという繰り返しで、チャートの上げ下げで一喜一憂している人たちも多いでしょう。

おそらく、持っていることを忘れていられる人だけがストレスなく、次の上昇にうまく乗れるのだろうと思います。少なくともチャートの上げ下げで一喜一憂しているということはポジションサイズが大きすぎます。

次に素人が手を出しそうな投資案件がEA(自動売買)

別に目新しくないのですが、最近AIブームもあって自動売買も新しいフェーズに入ってきています。素晴らしいAIを導入したEAがあったとしても個人のトレード環境でその力を発揮できるかどうかは別の問題で、個人的には難しいだろうと思っています。

結局、誰もが簡単に儲けることができるEAなんて売ってるわけがありません(断言)から、そんなものはすべて詐欺なのです。

あなたの大事な1万円を5000円で他人に売りますか?

そんなことをすれば、誰でも買うと思いますが、あなたはそんなことはしないで1万円をそのまま使うでしょう。あなたにとって必ず儲かるというものがもし売られているとすればそれと同じです。

最近、仮想通貨よりもEAの広告を目にすることが多くなってきています。

放置しておいても24時間トレードして儲けてくれるAIを搭載したEAという、いかにも素人が好きそうな内容で(ありもしない)カーブフィッティングした右肩上がりの資産曲線を描くトレード結果を提示し素人をはめ込む案件なんだろうと思います。

個人的に注目しているのはトラリピ系のEA

個人的に今までいくつもEAを動かしてきました。

ほとんどのEAはエントリが下手くそなので含み損の期間が長く、時間軸を大きくするとトレード期間も長くなり、毎日儲かるというイメージは持てません。

しかし、トラリピ系のEAだと話は別です。コツコツと利確していくので相場の環境によらず本当に稼げます。これは行けそうだと短期的に感じられたのはトラリピ系のEAだけです。

これは断言できます。

しかしながら、トラリピはレンジブレークすると含み損を抱えますから、ほったらかしでEAで稼ぎ続けるのが難しいのは同じです。魚屋さんのくるくるワイドなどを研究して半分裁量でトラリピを行うのが将来的にも有望だと思います。

まとめ

相場環境によって素人をハメ込もうとするセミナー屋や商材屋などはいつの時代もいるわけです。本屋に投資本が並び平積みされているようなときにはすでにトレンドは終わっています。

トレンドが終わってボラティリティが小さくなってレンジになったときにトラリピEAが利益を上げ続けてくれます。

タイトルとURLをコピーしました