ダマしがトレードの優位性を生む

6月 7, 2018優位性

トレードをしていると皆さんよくダマされると思います。

これは当たり前のことなのです。

トレンドはいつか崩れるわけですから、必ずだまされるのです。

しかし、そのダマしというのが一番の優位性の種であることに気が付いているでしょうか?

ダマされて捕まった人がいる所が、第一の押し目、反発ポイントであると気が付いているでしょうか?

チャートをよく見てください。

一連の流れが崩れる時に、必ず捕まっている人たちがいます。そしてその人達はSTOPを置いていないのです。

なので、捕まってる人の立場で考えれば、いつ損切りしようか、もしくは更にダマしで助かるのではないか?とか考えているはずです。

そこに戻ってくるとその人たちの手仕舞いが入りますから、逆に動きます。捕まってる人達に対して相場は常に不利に動く特性があります。捕まった人がいつ損切りしようか迷っている間に、完全に戻ってくる前に相場が逃げて行ってしまう、さらに新規の人が入ってきて押し目になって反発してしまうのです。

それがトレンドを継続させるかどうかはわかりませんが、ダマしで捕まった人と押し目と判断した人が重なるので、動きとしてはかなり有利になります。

ダマしで捕まった人がいればいるほど、安全なエントリになるということがわかります。

そういうポイントを探し、さらにRRを改善していくことが利益を積み重ねる秘訣だと思います。

単純なトレンドフォローというのは、厳密に考えれば考えるほどデイトレなどではエントリできる場面がありませんし、動きも継続しません。