トレード用 海外VPSを徹底比較、本当のおススメは?

11月 11, 2018自動売買(EA)VPS

海外にはトレード用VPSというのが結構あります。もちろんVPSは日本にもあります。あえて海外のVPSを導入するメリット・デメリットはどういうことがあるのでしょうか。

最近だとVPSを仮想通貨マイニングに利用する需要もありますよね。マイニングする時の電気代はバカにならんという話だと思いますが、VPSも性能高い奴はそんなに安くないというジレンマがあります。

参考仮想通貨のマイニングはもう儲からない理由

 なぜ海外のVPSをトレードに使うのか

単純に、海外FX業者のサーバーはアメリカとロンドンにあるのが殆どなので、アメリカやロンドンのVPSをレンタルすることでサーバーまでの通信距離を短くすることができる。そうすると、EAを高速に動かすことができるというメリットがあります。

日本のFX業者であれば東京にサーバーがあるので、日本のVPSの方がいいかもしれません。しかし、海外FX業者を使うのであれば、海外VPSを使わないとEAのトレード結果に違いが出てきてしまうのです。

以前、記事に書きましたが裁定取引の場合は、特に通信速度が大事になり、同じEAを使っていてもFX業者のサーバーまでの通信距離によってトレード結果が変わってきます。

参考業者間裁定取引(アービトラージ)の全貌

VPSをトレードに使う場合の一般的な課題

 

  • レンタル料金が高価
  • サーバーが高負荷になると、タイムラグが発生する
  • FX業者の場所から離れたロケーションで通信速度が遅い

 

VPS利用時のMT4最適化手順

MT4をVPSで動かす場合、デスクトップPCと同じような性能を求めると高額な費用が掛かります。そこそこのVPSの性能でMT4の能力を最大化する必要があります。

 

トレードVPSの鉄板Beeks

 

トレードで勝っててお金に余裕がある人は、この記事の残りは読まなくてよいです。

高かろう良かろうのBeeksを素直に使いましょう。

と言ってしまうと話が終わってしまうので、安くて性能の良いVPSを残りの記事で紹介していきます。

Amazon EC2

Amazon EC2は誰でも1年間無料で使えるのでvps初めての人はお試ししたらよいと思います。

が、しかし。

使えるようになるまでがわかりにくいのと、無料のプランだと性能が低いのでEAを動かすMT4は1つが限度。2個にすると固まります。

 

FX VPS

最近よく聞く、値段の割に高性能なFX専用 VPSです。起動できるMT4数の目安も親切に書かれています。

トレード専用ということでサーバーロケーションも世界中から選べます。

運営主体は怪しくはありませんが、歴史が短いのが若干不安材料です。

ここのULTRAプランを基準に他のプランと比べていくとよいと思います。

7日間以内であれば全額返金してもらえるシステムなので、7日間は無料お試しができます。

とりあえず試してみて、自分で納得できれば継続するもよし、これじゃ高いと感じるのであれば、解約するのもよしです。

W2Cloud

ここは知る人ぞ知るトレード専用VPSサービスで、高性能なのに高くないのでおススメです。

サーバーロケーションはNYCかLDNから選択します。トレード専用ということですから、海外のFX業者を使う場合は、この2カ所で大丈夫でしょう。

node VPS

ここは実際使ってました。使っていた理由は、CPU数やSSDのサイズのコスパが圧倒的だからです。EAのフォワードテストを複数条件で走らせる場合、MT4をたくさん立ち上げて並列化する必要がありますから、複数のVPSを借りるよりも、1台のVPSでリソースがリッチな方がコスパが良いのです。そういう意味では、この手のVPSは便利です。

サーバーロケーションはアメリカ、ヨーロッパから選べます。

ただ、純粋にトレード用のVPSとしてみると少し遅い感じはします。

4CPU/RAM6GB/SSD200GBのプランを契約していましたが、正直とても遅かった。。。たぶんSSDじゃないような気がします。

vultr

日本人のEAトレーダーがおススメしているコスパの良い優良VPSです。

FX専用ではないのですが、日本でもEA稼働で使ってる人が多いので速さや信頼性の問題はありません。

サーバーロケーションも世界中から選べますのでトレード用としても申し分ありません。

Alpharocks VPS

月額100円程度の激安プランが魅力のVPSです。フォワードテストなどにお勧めします。

さくらのvps

さくらのVPSにWindows搭載プランが出ました。国内にサーバーがありますが、速さや信頼性などは国内ではNo1です。MT4も簡単に動きます。

さくらのvps Linuxプラン

さくらのvps Windowsプラン

VPS性能、コスト比較

  CPU RAM SSD 値段 プラン
fxvps 1 2G 40G $24.99 ULTRA
w2cloud 2 2G 20G $18.5 EnterpriseA
nodeVPS 4 6G 200G $16.2  Special offer
vultr 2 4G 60G $20 20G
さくらのVPS 3 2G 50G 1706円 2G
さくらvps windows 2 1G 50G 2000円 w1G

この表を見るとFX VPSは割り高に見えますね。

nodeVPSは異常に安いのですが、おそらくスピードが遅いので特殊な用途(Demoで複数のフォワードテストなど)以外は、他のサービスの方が良いと思います。

$20前後の月額で、海外ならば、素直にw2cloudかvultrがコスパが良いと思います。国内であればさくらのVPSがコスパいいことがわかると思います。